離婚協議書・離婚公正証書作成相談室のご案内

離婚協議書・離婚公正証書作成相談室HOME » 慰謝料(離婚) » 慰謝料の計算基準

慰謝料の計算基準について

慰謝料の計算基準については、どのように計算しているのか、明確でなく、今ひとつわからない部分があると思います。慰謝料の計算の際に、下記基準などを総合考慮した上で、具体的な慰謝料額が決まります。ご参考下さい。

  • 婚姻関係が破綻した経緯
  • 離婚に至った動機
  • 有責行為の態様、期間、回数、程度
  • 有責行為の継続性
  • ケガ・障害・後遺症の程度
  • 不貞行為に至った経緯
  • 精神的な苦痛の程度
  • 関係修復への努力
  • 婚姻生活に対する誠実性
  • 年収・資産の状況
  • 社会的地位
  • 再婚の可能性
  • 生活能力の程度
  • 生活費の不払い・離婚後の態様
  • 婚姻の際の経済的負担
  • 年齢・性別・職業
  • 別居期間
  • 別居にいたった経緯
慰謝料を計算したが、旦那の資産・収入がないということにならないよう、夫の資産をよく計算しておく事も肝要です。

 

慰謝料・財産分与の取り決めをした支払額の平均を計算したものを少し古いですが参考として最高裁判所の司法統計年報、家事編昭和63年のデータを記載していますのでご覧下さい。
【家庭裁判所の統計資料にあらわれた支払額の平均】

婚姻期間支払額
1年未満127万円
1~5年192万円
5~10年319万円
10~15年454万円
15~20年561万円
20年以上694万円
(参考文献:最高裁判所 司法統計年報家事編昭和63年)

 

離婚慰謝料は婚姻期間と有責性の程度を掛け合わせて計算をした千葉県弁護士会の慰謝料算定の実務が一つの目安になると思いますので、下記ご参照下さい。
【千葉県弁護士会編の慰謝料算定の実務にあらわれた支払額の平均】

単位:万円1年未満(婚姻期間)1~3年(婚姻期間)3~10年(婚姻期間)10~20年(婚姻期間)20年以上(婚姻期間)
責任軽度100200300400500
責任中度200300500600800
責任重度3005007009001000
(参考文献:慰謝料算定の実務 千葉県弁護士会編)

 

家庭裁判所で決定した慰謝料・財産分与の案件数の分布も慰謝料・財産分与の基準の目安になると思います。以下も参考になさってください。
【家庭裁判所の統計資料にあらわれた財産分与の分布】

婚姻期間総数100万円以下200万円以下400万円以下600万円以下1000万円以下2000万円以下2000万円以上算定不能
総数7638202496210026237825532151477
6月未満23154-1---3
6月以上875615532--6
1年以上265166511871--22
2年以上3602076551452-26
3年以上303152623014123228
4年以上277126444314148127
5年以上3261265140201613555
6年以上290105403620249452
7年以上2971005644241512442
8年以上273104413522137447
9年以上322934452281820364
10年以上318773439383523765
11年以上300734544333119451
12年以上287703544223211667
13年以上241563831181815362
14年以上304743742403415656
15年以上243492437183217561
16年以上234533729182514850
17年以上235522532242510859
18年以上220422432223012850
19年以上168301425182314440
20年以上7859667116731109134198
25年以上148010210917714226723899346
(参考文献:家庭裁判所 司法統計家事編平成23年)

慰謝料(離婚)の関連ページ

つた行政書士法務事務所
大阪市大正区南恩加島
6-8-8

【営業時間】

月~土曜日
9:00~20:00

【24時間受付】

TEL:080-3823-4618
FAX:06-6552-9777
info@rikon-legal.net